ブログを習慣化するために、私が大切にしている2つの言葉

ブログを始めて一カ月半が経ちました。
今日は、ブログを継続するために折に触れて思い出している言葉を紹介します。
私がブログを始めた理由は、

  • 個人がメディアを運営する時代がやってくる
  • 自分のアイデアに向き合いたい
  • 金を稼ぎたい

の3つ。

 

能力、資金、コネ何も持ち合わせていなくても、誰もが始められるところがブログの良いところです。

一方で、参入障壁が無さ過ぎるが故に、ネット上にはすでに大量の情報があふれています。
ブログ開設当初は情報を発信しても、誰も見向きもしてくれません。

 

総記事数が100記事を超えたあたりから、日の目を浴び始めアクセス数が伸びると言われています。

正直、アクセス数が伸びないまま100記事までブログを更新し続けるって相当しんどいですよね?

沈没しても誰も気づかない小舟を、真っ暗闇の中ひとりで必死に漕いでるようなもんです。

 

暗闇の中でも、小舟をこぎ続けるために、
折に触れて思い出すようにしている言葉を紹介させてください。

 

才能がない自分を励ましてくれる言葉

ブログを続けるのがめんどくさくなった時に、思い出したい言葉がこちら。

毎日続けることは才能さえも凌駕する

隠居系男子を運営されている、鳥居さん(@hirofumi21)の言葉です。

毎日続けることは才能さえも凌駕する。

鳥居さんはこのエントリで、習慣化の強みを説かれています。
ブログに限ったことではなく、あらゆる行動に当てはまる話なので、ぜひ覗いてみてください。

 

習慣は才能に勝る

この言葉を聞いて思い浮かぶ人は誰ですか?

わたしはイチローです。

野球の才能もピカイチですが、
彼の実績は日々の継続によるものが大きいと思っています。

 

43歳にもなって第一線で活躍できているのは、フィジカルとメンタルの調整をルーティーン化したからでしょう。
今日はしっかりケアをしよう
今日はめんどくさいからいいや
その日の気分次第で動いていたら、一時的に結果が出ることはあっても、継続的に成果を出すことはできません。

 

 

 

特別な能力や文才もない人がブログで生き残る術は、

ブログを習慣化し、発信し続けること

なんです。

習慣の力で才能のある人達にも勝れると思えるだけで、ブログを続けるモチベーションが沸いてきます。

習慣化に必要なものは根性

2つ目の言葉がこちら

気合と根性は、スタートダッシュとラストスパートで使うもの

この言葉は、ドラゴン桜やインベスターZ作者、が自著「成功の五角形で勝利をつかめ」で使われていたものです。

 

習慣化のメリットは、
意志を要せずに行動ができるようになること。
習慣化してしまえば、中盤以降はほっておいても勝手に物事が進みます。
しかし、習慣化できるまでは、根性で事業を軌道に乗せろというメッセージでした。

 

気合や根性の対極側にある習慣を身に付けるために、根性に頼るのは面白い話です。

 

ブログ更新を日課にしてしまえば、
よっしゃ!今日はブログを更新するぞ!という気合いすらいりません。

たんたんと、
さぁ、今日もいつも通り書くかぁ、と朝の小一時間で書いてしまうのでしょう。
(ブログを習慣化できていないので、あくまでイメージですw)

 

人間は弱い生き物です。
長期間、自分のやる気に頼るのは愚策です

大きな成功を成し遂げている人は、みな自分に頼らず、習慣に身をゆだねています。

だから、スタートですべての根性をつぎ込んで、はやめに習慣化しよう

というお話でした。

 

 

この言葉のおかげで、

習慣化するために、今は根性でブログを更新する期間と捉えております。

さいごに

ブログを続けていくために、

  • 習慣は才能にも勝る武器になる
  • でも習慣化には最初に気合が必要

という言葉を紹介しました。
これらは私がブログを続けていく上で、背中を押してくれる言葉です。

 

継続とは、一歩一歩階段を登ることです。
登り続けることで、視点が変わり視野も変わっていくのでしょう。
少しずつ面白い気づきに出逢えていけたらと思います。

 

習慣化するためにはスタートで根性が必要と書きました。
しかし、決して階段を駆け上がるのではなく、一歩一歩進んでいくことがこれからの目標です。

 

おしまい。

よく読まれている記事

収益が前月比86倍!ブログ開設3カ月で収益5桁に到達しました【6月運営報告】

【ブログ始めたばかりの方へ】収益を上げるために必読な書籍を5冊紹介

運営戦略上グーグルアドセンスを外すことにしたので、その経緯をお話したい

超安定思考の私がパラレルキャリアを目指す理由についてお話したい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA