イライラ・不安を感じたときにやるべきたった1つの解決方法

どうも、会社員2.0を提唱中のエルモ(@newpapalife)です。

 

今日は、イライラや不安を感じたときの、簡単な解消法を紹介します。

最近よく私もイライラ・不安を抱えておりまして、それに対する良い対処方法を見つけたので、備忘録がてら記事にしていきます。

なにも、過大なストレスがたまったわけではなく、

  • 仕事でクライアントと上司の板挟みにあった
  • 上司に理不尽なお願いをされた
  • 妻に怒られた(理由は、電気のつけっぱなしとかですw)
  • 友人が出世したり、海外転勤が決まった

とかです。

まわりの人の成長を横目で見ていたり、予期せぬタイミングでお叱りの言葉を受けると、思ってた以上にメンタルにダメージを受けませんか??

 

今日は、そんなときに抱えたストレスを解消するストレスハックの紹介です。

わたし達がイライラ・不安を抱える3つの理由

僕が思うに、人がイライラする理由を因数分解すると、だいたいこの3つに分けれると考えています。

  • 目の前で起きた事象を理解できていない(言語化できていない)
  • 理解していても、解決方法を知らない
  • 予期せぬタイミングで、一発殴られる

このどれか1つでも当てはまっていたら、ぼくは不安になるか、イライラします。笑

 

理不尽なお願いをされたとき、理不尽と形容してるだけあって、まずその事象を理解出来る可能性は低いですよね。

 

あとは、突発的な仕事をお願いされたときに、期日に間に合わない・・・であったり、問題そのものは理解していても、どう解決したらいいのか分からない・・・ってときは、死ぬほど不安になります。

 

あとは、タイミングが意外なとき。「え、このタイミングでぼくキレられるの??」って言葉が出るころには殴られてるパターンですね。人は準備をしていないときに想定外の出来事に出会うと、ダメージを受けやすいのは想像に難くないですよね。

 

ほんとうにざっくりですが、この3つどれか1つでも該当してしまったら、それが不安の原因になってしまいます。

自分にとって、本当の脅威は何なのかを予め知っておく

さきほど紹介した、

  • 目の前で起きた事象を理解できていない(言語化できていない)
  • 理解していても、解決方法を知らない
  • 予期せぬタイミングで、一発殴られる

が不安・イライラの原因なら、この項目を1つずつ解消していくのが王道です。

でも、解決方法や言語化、ましてや予期せぬタイミングを当てることなど、すぐにできることではありません。

そこで、僕が提唱したいのが、自分にとって本当の脅威(リスク)は何なのか知っておくことです。

 

イライラや不安な気持ちになる理由を突き詰めたら、生存本能にたどりつくと思っています。つまり、目の前に脅威が現れたということ。

 

「なんかやべえ」って気持ちが先行して、不安な感情が生まれるんですね。

でも、今は情報過多社会。不安の増幅装置がそこら中に存在してますww

 

だから、本来は自分の人生の脅威ではないのに、それを脅威と誤解して、無駄に不安を抱えてしまうことが往々にして起こりうるんですね。

 

なので、不安を感じた瞬間に、「これは僕の人生における脅威なのか?」と自問自答できる余白を持っておけば、無駄なイライラと対峙せずに住むわけです。

そこで一呼吸おいたときに、それでも不安なことは、本当に悩むべき問題だと思います。

僕にとって、人生の脅威(リスク)とは??

たとえば、僕の例で考えてみます。

僕にとっての人生リスクは大きくこの3つ。

  1. 命を失うこと
  2. 家族を失うこと
  3. 知的好奇心が阻害されること(知識を得る機会が消える、好きな場所にいけなくなる)

この3つが、僕にとっての3大脅威。

説明する必要もないですが、人間死んだら終わりです。

でも、死なないなら本当の脅威ではないわけです。もし上司に殺されそうになったらリスクですが、それ意外は実は本当の不安材料ではない!と考えれるわけです。ポジティブ思考ですねw

 

次に、妻と子どもを失うこと。このリスクもメチャクチャ優先度高いですね。なので、自分の子どもが危ない目にあうであったり、将来食っていけなくなることには、すごく注意してます。

あと、嫁さんをご機嫌にする方法とかも、リスクを避けるために必要だとわかります。

 

3つ目が、知的好奇心を失われること。

本を読んだり、人に会ったり、見てみたい景色を見れないこと。このような機会を阻害するモノも僕にとっては脅威です。

夜はゆっくり本を読みたいのに、毎日遅くまで残業させられるのは、僕にとってはリスクなわけです。

逆にいえば、「この上記3つ以外はそこまでのリスクではない!」と捉えることができます。

 

つまり、今あなたが抱えている目の前の不安・イライラも「人生そのものの脅威ではない」と思っちゃえば、案外それだけで解消できたりします

 自分が絶対に許容できないリスクを考えると、大胆に行動できる気がしてきますし、 意外と自分は自由であることに気付けるのです。

というのが、メンタリストDaiGoさんの言葉です。

 

 

この話を突き詰めると、「人生死ぬこと以外はかすり傷」なんじゃないかとも思います笑

 

こちらのDaiGoさんの本は、ストレス社会を生き抜く上でのヒントが散りばめられていた良書なので、ぜひ読んでみてください。

本日も最後までありがとうございました。

 

ちなみに、キャリアで不安を抱えない方法は簡単で、逃げ道を予め用意しておくことだったりします。

私はこのブログを通して「会社員2.0」を提唱しています。現代の会社員が、サラリーマンの立場を使いこなしつつ、会社以外からの収入源を作って、リスクを回避しつつリターンを最大化させようぜ!!って話をこの記事にまとめています。

ぜひぜひお読みください。

【会社員2.0】サラリーマンのポジションを活かした複業戦略を考えてみた

2018.06.26

また、こちらの記事では、僕と同じ世代の20代、30代がどうお金を稼いでいくかについて、戦略を立ててみました。サラリーマンをしながら、収入源を複数確保し、資産形成をする方法を詳しく書いています。

【20代30代向け】お金持ちになるための稼ぎ方と金融資産の使い方,投資戦略まで徹底解説!

2017.10.18

 


twitter上で仮想通貨・金融投資・未来の働き方を中心に、情報発信をしています!

▲筆者が気になる方は、こちらをクリック