ミニマリズムが流行る理由は、社会を生き抜くために合理的な選択をした結果って話

 

どうも新米パパ(@newpapalife)です。

2016年、日本はマイナス金利の時代に突入しましたね。
金利の話を突然するなと言いたいですよね??
でも、少しだけ聞いてくださいw

この出来事と時を同じくして、ミニマリズムが流行し始めています。

若者のライフスタイルの変化と、日本銀行の金利引下げ発表。
わたしは、ここに大きな繋がりがあると感じています。

なぜなら、経済とわたし達の生活は密接に関わっているからです。

不景気の世の中では、
金銭的に今日より明日が豊かになると信じられない人が増えています。
手持ちのお金が増えないなら、
自分の生活に必要なものを選択することが求められるようになっています。

つまり、ミニマリズムが流行しているのは、
消費者が合理的な選択をした結果です。

今日は、そのあたりについて書いていきます。

そもそも金利ってなに?マイナス金利だとどうなるの??

そもそも金利とは何でしょうか?

金利とは、
将来のお金の価値と、現在のお金の価値を結ぶ定数です。

たとえば、金利が3%の社会では、
手元にある100万円は、1年後に103万円の価値があると言えます。

成長期時代の日本の金利は7%くらいでした。
24歳のぼくにはまったくその状況が想像もできません。
銀行に預けた100万円が、翌年には107万円になっているなんて。。。

金利、物価上昇率、成長率は密接に絡み合っています。

しかし、すごく簡単にまとめると、
金利は将来の成長を見越した数字です。

だから、マイナス金利というのは、
中央銀行が将来成長するのは厳しいです。

とお手上げ宣言しているようなものなんです。
(マイナス金利導入をカンフル剤として、成長を促している側面もあります。)

ミニマル思考で、低成長時代を生き抜こう

大量消費が合理的選択だった成長時代

金銭面で
昨日より今日、今日より明日が豊かになる。

これが、高金利・高成長時代の常識でした。

経済を回すために必要なことは、お金を使うことです。
入ってくるお金が増える分、出すお金も増やす。

成長時代には、使うお金を増やし続けることは合理的だったのです。

しかし、時代はマイナス金利時代に突入してしまいました。

金銭面で、
昨日より今日、今日より明日貧しくなる時代です。
それは、入ってくるお金が減っていくことを意味します。
にもかかわらず、
これまで同様の出費をしていては、絶対に無理が生じてしまいますよね?

ミニマル思考の本質は、自分に必要なものを知ること

ミニマリズムとは、最低限のもので生きることと思われがちです。

しかし、ミニマリズムの本質は、

自分にとって本当に必要なものを選択すること

にあります。

大量にモノを消費する時に、
自分のまわりにあって幸せなものとはなにか?
を追求する必要はありませんでした。

高金利時代では、消費すること自体に幸せを見出していたからです。

一方で、マイナス金利時代では、金銭的に入ってくるものが減ります。
すると、必然的に出ていくお金も減らさなければなりません。

出費を減らさないといけないので、
自分にとって本当に必要なものを選択する必要があります。

つまり、
低成長・マイナス金利時代にミニマリズムが流行るのは自然な流れなんですね

にもかかわらず、これまでと同じ価値観を持ったまま、
収入は減り続けるのに、たくさんのモノを保有しようとすると
不幸になってしまいます。
時代の変化に逆らおうとする者は淘汰される。コレは歴史の教えです。

進化論の著者ダーウィンは、自著で以下の超有名な言葉を残しています。

この世に生き残る生き物は、最も力の強いものか。そうではない。最も頭のいいものか。そうでもない。それは、変化に対応できる生き物だ

進化論より

時代の転換点にさしかかっている私たちが生き残るために、
これまでと違った生き方を選択することが求められていると感じるのです。

【さいごに】自分を見つめ直すと、勝手にモノが減る

ミニマル思考の本質は、
自分にとって本当に必要なものを選択すること
と先ほど述べました。

その選択をするためには、
自分にとって一体なにがあれば幸せなのかを突き詰める必要があります。

ミニマルなライフスタイルを実践するためには、
自分を深く知っていなければならないのです。

自分のことがよくわからないから、
流行に惑わされて、服を買い込みます。
そして、やっぱりこれはわたしに似合っていなかったとお蔵入りです。

自分を知るための簡単な方法は、
持っていて「ときめく」かです。
その服やモノを持っていて、自分が胸をはれるのか。
(まあ、これは完全に片付けコンサルタント近藤さんの受け売りです笑)

このときめきと胸をはれるかを自問自答し続ければ、自ずと必要なものが見えてきます。

あなた自身が厳選した心地よいモノに囲まれていたら、
またすぐに新しいものが欲しい、という感情は出てきません。

自分にとって本当に必要なものを選択すると、
勝手にミニマルなライフスタイルになっていきます

幸せを追求すると、モノも出費も減る。一石二鳥ですね。笑

低成長時代を幸せに生き抜く秘訣はミニマルなライフスタイル

であるのではないかと、世の流行りを見て感じる今日このごろです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA