お金を払うかを決める、ぼくが大切にしているたった2つの基準


どうも新米パパ(@newpapalife)です。
今日は世の中にに欠かせないもの。
お金についてです。

目の前のモノにお金を出すか、ぼくが判断する基準は2つです。

 

これから紹介する2つのどちらも満たしていたら、
喜んで自分のお金を使うようにしています。

価格<価値であるか

1つ目の基準は、価格が価値を上回っているのか、です。
価値と価格の違いも踏まえ、書いていきます。

価値とはどれだけ役に立つか

価値とは、今のあなたにとってどれだけ役立つか
価値と価格では、その値付けをする人が違います。

価格は世の中が決めるものです。

一方で、価値はあなた自身の価値観が決めるものです。

大事なことなので、もう一回言います。しかも、多くの人が意外と理解していません。

価値とはあなた自身が極めて主観的に決めるものです。

 

価格が高いから、価値が高いわけではありません。
あなたにとって役に立つ時にのみ、価値があるのです。

 

例えば、ぼくのiPhone SEは49800円でした。
つまり、iphone SEの価格は49800円です。
49800円もするから、iPhoneに価値があるのではありません。

iPhoneというデバイスが、

ぼくにとって49800円以上の働きをしてくれると信頼したので購入しました。

ぼくら消費者は無意識のうちに価値と価格を天秤に乗せて、価格より価値のあるものにお金を払っているのです。

何に価値があるのか自分の物差しを作ろう

自分が何に普段価値を見出しているのか?

ときには、徹底的に考えてみてはいかがでしょうか?

なぜなら、自分の軸がないと、まわりに流されてしまいます。

 

価格が高いから価値があると何も考えずに判断してしまうと、無駄な消費ばかりしてしまうことになります。

 

たくさん使うお金があるのであれば、好き勝手消費をしても良いと思います笑

 

しかし、今の時代、そんな人はなかなかいませんよね?
自分にとって、何が役立つのかを徹底的に自問自答してみてくだい。
何に価値を見出すかは人それぞれです。

 

しかし、
じぶんが価値を見出したモノにお金を支払う行為は、
すべて幸せに繋げるためです。

 

あなたにとっての幸せとは何か?
まずは、そこから自問自答をしてみるといいかもしれません。

 

そして、価値があるものに、積極的にお金を使っていきましょう!
消費が経済をまわします!!

モノやサービスの信念に共感できるか

ぼくの基準2つ目。
それは、理念に共感できるか。
自分のお金が、共感した人や会社の事業の助けになるのであれば、喜んで応援したい

 

そういうスタンスでお金を払う基準を作っています。

共感する事業とはなにか?

 

社会を豊かにするために力を尽くしているすべてのものです。

 

2つ目に関しては、ある意味では投資に近いかもしれません。

 

人が投資をする理由は、将来のリターンを見越しているからです。
共感するサービスにお金を払うことで、社会が豊かになってくれたら、
ぼく自身生きやすくなります(笑)

 

たとえば、
企業として鎌倉シャツに成長して欲しいとの思いから、ここの白シャツを買っています。
白シャツマニアになった理由はこちらをお読み下さい笑

ぼくは鎌倉シャツが大好きです。

  • 日本製の高品質のシャツを安価で提供すること。
  • 鎌倉シャツの価値は変わらない。だから、セールは一切しない。
  • 日本製のシャツを世界に届けたい

鎌倉シャツの信念はだいたいこんな感じです。
そして、セールをすることは、今までシャツを買っていただいたお客様に失礼という、CEOの発言に感銘をうけました。

 

鎌倉シャツの良さを1人でも多くの人に知ってほしい、鎌倉シャツには頑張ってもらいたいとの思いから、僕は鎌倉シャツを応援する意を込めて、ここの白シャツを着続けています。

 

1人の人間にできることって限られています。
だから、自分のお金を使って、
社会を豊かにすることに全力を尽くしてる企業や人を応援したいのです。

 

結果的に、社会が良くなれば、その恩恵を自分が受けることになります。
だから、無駄金になるとはまったく思っていません。

 

これからは、お金の稼ぎ方以上に、お金の使い方が大切になってくると思います。
是非、自分のお金を払う基準を振り返ってみて下さい。
お金の使い方が上手になると、豊かさが加速しますよ!!


この記事を楽しんだ方は、筆者をフォローしませんか?
「収入源の分散、キャリアの複線化」を目指すDual Careerブロガーエルモのtwitterはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA