仮想通貨とゴールドラッシュの驚くべき類似性から導かれる1つの仮説とは?

 

仮想通貨への熱狂は、ゴールドラッシュを彷彿させると言われています。ゴールドラッシュの歴史を調べると、興味深い話の連続です。自分なりに咀嚼して、ある事実から最終的に1つの仮説に辿り着きました。それがこちら。

 

  • 事実:現在のシリコンバレーの土壌は、ゴールドラッシュ時代に培われた
  • 仮説:仮想通貨バブルはゴールドラッシュの再来であり、今後イノベーションの土壌になる

 

20世紀後半のイノベーションの震源地は、間違いなく米国西海岸およびシリコンバレーです。そして、この次にイノベーションの集積地になるのは特定の土地(中国の深センやベルリン)ではなく、サイバー空間(ブロックチェーン技術)になると仮説を立てました。何を言いたいのか分からないという方は、安心してください。僕も半分何が言いたいのかわかっていません。ただふわふわと直感的に感じていることを記事にしています笑

 

 

今日は、仮想通貨バブルがゴールドラッシュの再来であり、未来のイノベーションの土台となる理由について書いていきます。

 

 

そもそもなぜシリコンバレーがイノベーションの集積地になっているか、あなたはご存知ですか????その答えは、ゴールドラッシュにまで遡ります。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

シリコンバレーのカルチャーは、ゴールドラッシュ時代に培われた

シリコンバレー特有のカルチャーとは「自由や挑戦」を受け入れる精神です。このマインドが土台となって、数多くのイノベーションが今もなお生まれてます。

 

そしてシリコンバレーの精神は、ゴールドラッシュ時代に形成されたました。あの場所では、今も当時のカルチャーが脈々と受け継がれています。

 

野口悠紀雄さんは自著「ゴールドラッシュの「超」ビジネスモデル」で、社会に変化を生み出すために必要なものとして、以下の4つを挙げています。

  1. 人口構造の特異性
  2. 無政府・無秩序状態
  3. コミュニティ内での情報交換機会
  4. 「成功事例」の展示

シリコンバレーがこれら4つの要素を満たし続けているので、イノベーションが多発していると筆者は言います。それでは、1つ1つ要素を見ていきます。

1.人口構造の特異性

まずイノベーションを生む大前提として、コミュニティを形成する人達の知的好奇心が旺盛で意欲が高いことがあげられます。

 

ゴールドラッシュ以前、カリフォルニアはインディアンと少数のアングロサクソンが住む何もない場所でした。しかし、ゴールドラッシュで事態は一変します。

 

金の発見以降カリフォルニアでは、他地域から流入した人々によって短期間のうちに作り上げられたコミュニティが大量に形成されました。言うまでもなく、そのコミュニティの特徴は意欲が高く、若い人が多数を占めていたことです。

2.無政府・無秩序状態

イノベーションに欠かせないこととして、ルールや規制がないことが挙げられます。枠にはまらないアイデアこそが、イノベーションの源泉です。実際、イノベーションに創造的破壊は付き物です。

創造的破壊(そうぞうてきはかい)とはヨーゼフ・シュンペーターによって提唱された経済学用語の一つであり、経済発展というのは新たな効率的な方法が生み出されれば、それと同時に古い非効率的な方法は駆逐されていくという、その一連の新陳代謝を指す。

創造的破壊より

 

とりわけゴールドラッシュ当時は、ヨーロッパのような旧弊や因習が支配する世界とは無縁です。そのため、新しいアイデアやテクノロジーが政府の規制やルールで抑えられることはありませんでした。

 

出る杭は打たれるの対極にあるのが今のシリコンバレーなんだなと、今の日本を見ると強く感じますね。

3.コミュニティ内での、「情報の交換・接触」

カリフォルニアという狭い地域で、意欲の高い人たちが直接・間接的に人的接触が起きたことも重要なポイントです。カリフォルニア発の企業やサービスは、オープンや共有をキーワードにしています。このコンセプトもまた、ゴールドラッシュ時に培われたものです。

 

実際、1人のアイデアで成せることは限られています。知識や情報を共有し、より高度な知恵へ昇華させることは、イノベーションには欠かせないと私も考えています。

4.「成功事例」の展示

最後に、成功事例の展示です。

シリコンバレーでは、ゴールドラッシュ時代からこれまで、多くの成功者が誕生しました。他の地域に類を見ない成功者の共通点は、最初は資金もコネも持っていなかったことです。エスタブリッシュ層からではなく、ゼロから莫大な富を築いた成功者の出現は、コミュニティ内の人達を刺激します。

 

成功者が身近な存在であることは、「俺も頑張れば届くもの」を意味します。この「成功事例の展示」も、社会に変化を生み出す重要な要素です。

かるくまとめ

イノベーションを起こす土壌として、4つの要素が重要であることがわかりました。

  1. 人口構造の特異性
  2. 無政府・無秩序状態
  3. コミュニティ内での情報交換機会
  4. 「成功事例」の展示

これらの要素を持ち合わせている地域がシリコンバレーであること。そして、これら4つの要素(精神)を形成されたのは、ゴールドラッシュ時代であることが一番覚えてもらいたいことです。

ビットコインへの熱狂は、ゴールドラッシュの再来?

 

ビットコインへの熱狂と、ゴールドラッシュには驚くほど類似性があります。それは、ビットコインがゴールドと同じ役割を担っていることだけが理由ではありません。ビットコインが金本位制度に近い役割を果たしていることは、記事の趣旨に反するので詳細は割愛します。よかったら、こちらをどうぞ。

https://ameblo.jp/ketai3/entry-12259462124.html

 

 

仮想通貨まわりの雰囲気そのものが、ゴールドラッシュ当時とそっくりそのままです。先ほど紹介した社会を変える4つの要素を、仮想通貨に当てはめてみます。

  1. 人口構造の特異性
    ⇒1.仮想通貨に集まる人はアーリーアダプターのみ
    2.意欲が高い若者中心
  2. 無政府・無秩序状態
    ⇒1.そもそも仮想通貨は政府の信用を必要としない
    2.新しいテクノロジーで、ビットコインの規制はまだ未発達
  3. コミュニティ内での情報交換機会
    ⇒1.インターネットの発達で、自由に情報交換が行われている
  4. 「成功事例」の展示
    ⇒1. I
    COを用いて、個人が容易に資金調達が行う
    2.ブロックチェーン技術で, 新しいプラットフォーマーになれる.etc

いかがでしょうか?

金が発見されて以来米国西海岸に根付いたカルチャーが、次は仮想通貨に宿るのではないか?と思えてきます。これが、ビットコインへの熱狂はゴールドラッシュの再来と言う理由です。

21世紀のシリコンバレーは土地ではなく、サイバー空間?

多くの地域が次のシリコンバレーを目指して、人材獲得競争を繰り広げていますよね。しかし、次のイノベーションの震源地は、特定の地域ではなく、「ブロックチェーン技術を用いたサイバー空間」ではないか?と考えています。

 

 

ゴールドラッシュの歴史を仮想通貨に当てはめると、ビットコインへの熱狂が新しいイノベーションの土台になることは容易に想像できると思います。

 

インターネットは、人材を特定の地域に固定せず、移動しながら働くことを可能にしました。またブロックチェーン技術は、国や権威を信用の担保とせずに、価値が行き交うこと可能にしました。

 

次のイノベーションが、インターネット×ブロックチェーンの交差点で生まれるとすれば、人材が特定の場所にいる必要はまったくありません。普段は各々が別々の場所で活躍し、必要なときに集まりバリューを生み出せばいいのです。つまり21世紀的イノベーションに必要なものはサイバー空間だけだと私は思うんです。

日本で信頼のおける仮想通貨取引所

新しいテクノロジーに精通する方法は、身銭を切ってそのテクノロジーに触れることです。

 

私も少額のお金を仮想通貨に当て、少しずつ仮想通貨について理解を深めてきました。ビットコインが発明されてまだ7年しかたっておらず、今後どのように発展していくのか実のところ誰にも分かっていません。誰も分からないリスクが潜んでいるからこそ、大きなリターン(金銭的リターンではなく、将来使えるアイデア)が見込めると私は考えています。

 

なので、余剰資金があれば、ビットコインや他の仮想通貨、ブロックチェーン技術に触れてみることをお勧めします。1000円あれば、仮想通貨を手に入れられる時代です。

 

 

今一番日本で利用者が多いのは、bitFlyerです。日本のメガバンクを筆頭に、そうそうたる企業の後ろ盾があるので、一番安心してビットコインを購入することができます。取引量世界一です。

 

bitFlyerの口座登録方法を分かりやすく解説する記事がこちら

 

 

bitFlyerで0.001BTC、coincheckでは0.005BTCから購入が可能です。現在1BTCが30万円ほどなので、1000円もあれば仮想通貨を保有することができます。余剰資金で遊んでいると、将来意外とまとまったお金ができるかもしれません。

よく読まれている記事

収益が前月比86倍!ブログ開設3カ月で収益5桁に到達しました【6月運営報告】

運営戦略上グーグルアドセンスを外すことにしたので、その経緯をお話したい

超安定思考の私がパラレルキャリアを目指す理由についてお話したい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA