ディズニーの英語システム、ワールドファミリー(DWE)の自宅訪問セールスを受けてみた

どうも、新米パパのエルモ(@newpapalife)です。
その一方で、ネイティブには一生たどりつけない発音、ヒアリングはちょっとしたコンプレックスです。

やあい、てめえのことはどうでもいいやい!と思った読者も、私も、思うことは同じです。

子どもに英語を話せるようになって欲しい!

生後5か月のわが娘と一緒に、ディズニーの英語システムのDVD無料体験と自宅訪問で受けた説明を紹介したいと思います。

ちなみに、我が家の決断を先に申し上げますと、ディズニーの英語システムは高い。。。だから、買わない!

です。笑
ディズニー英語システム

ディズニーの英語システムとは??

ディズニーの英語システムとは、ディズニーのキャラクターと一緒に楽しく英語を身につける教材です。

ディズニーの英語システム/公式 – ママの’支持率’No.1‎

40年以上前から使われ続けている教材です。

DVDの映像も更新されておらず?、なんだこの昭和の映像はと突っ込まずにはいらないくらいに古いです。

変わらないからこそ価値がある、それがブランドとも言いますよね笑

それでは、訪問販売当日の流れをざっと説明します。

訪問販売当日の流れ


1.無料のプレゼントをもらう

販売員さんが我が家に到着。
キャリーケースをもっての登場でした。

れだけたくさんの教材を持ってきたのかと、妻と二人で戦々恐々でした。汗
我が家の目的は、ぶっちゃけ無料体験の特典でした。
訪問販売の説明を受けると、ミニーちゃん(またはミッキー)のパペットがもらえます。

販売員さんが到着するとすぐ、無料体験の特典である、ミニーのパペットをいただきました。
なんと説明を聞く前に、目的達成。( ´∀` )

ミニーちゃんのパペットは肌身離さず娘の相棒となっております。

2.英語の習得方法と教材の説明

いよいよ、販売員さんから教材の説明が始まります。
百戦錬磨の販売員さん。
どんなセールストークが出てくるのか、びくびくしながら妻と二人で話を聞いていきます。

話の流れはだいたい下のような流れ。

自然と英語が身につく方法の紹介⇒ディズニーの英語システムがいかに理にかなっているか

英語が自然と身に着く方法

言語の健全な習得方法は

言葉を音で覚える(その後に)⇒音の文字を覚える

言われてみれば当たり前ですよね。

赤ちゃんが、たっちと言っているときに、彼らに「たつ」という文字の概念はありません。

全ての言語は、音で覚えて言葉があとづけであります。
だから、英語も例外ではありません。

販売員さんが何度もおっしゃっていたことは、いかにして英語の音を覚えるか?でした。

ディズニーの英語システムが優れているポイント

いかにして英語の音を赤ちゃんやこどもに覚えてもらうのか。
子どもが英語に親しむために必要なことはこれだけです。

赤ちゃんに勉強という概念はありません。
英語に限らず、「楽しく身につける」。
これが幼児教育の鍵だと私は考えています。

その点、ディズニーの英語システムは、英語の音に親しむための引き出しが多彩です。
(だから、教材代がめっちゃたけぇ)

DVD,CD,おもちゃとして使える教材、ディズニーのキャラクターなどなど。

特に、本にペンの先を当てると英語が流れるマジックペンは優れものでした。
(純粋におもちゃとして、妻が欲しがっていた)

あと、娘が教材のDVDをみて声を出して笑った時は本当にビックリしました。
え?そんなに面白いの?!!と妻も私も驚くくらい。
機嫌が良かったのか、教材が本当におもしろかったのかは、未だにわかりません・・・。笑

話が脱線しましたが,,,,,,

子どもが楽しく英語を身につけることが出来る

これこそが、ディズニーの英語システムの謳い文句であり、一番の特徴ということでした。

3.値段の説明

ディズニーの英語システムが優れていることはわかったけど、お値段はどうなんですか?!!

結局はそこに行き着きます笑

そして気軽に、ハイ即欠!、来週からディズニーで楽しく英語を赤ちゃんやこどもと学ぼう!と思えるような価格設定ではありません。

だから、お値段のお話は一通り教材の説明が終わってから始まりました。

強引な勧誘や押し売りは我が家の場合はなかった

インターネットの口コミを見ると、
訪問販売を受け入れると家からなかなか帰ってくれない、
電話での勧誘がひつこい
などありましたが、我が家に限っていえばそのようなことはありませんでした。

「結構な価格なので、ご夫婦で話し合ってもしよろしければどうぞ」と言っていただけました。

無料体験と訪問販売員さんの説明を聞く価値は大いにあった

訪問販売員さんはセールスのプロであると同時に、
洗練された英語教材を熟知している方です。

なぜディズニーの英語システムが優れているかを知らしめるためには、

どのような英語教育、環境が必要なのか?を我々パパママに知ってもらう必要があります。

つまり、ディズニーの訪問販売説明を聞くと、「幼児教育の英語習得方法」についても学ぶことができました。

訪問販売を通して、ディズニーの英語システムの教材説明もおもしろかったです。

しかし、それ以上に、

子どもにとっていかに英語が重要であるか、
どのようにして英語を身につけることが大切なのか、
早期教育の恩恵がどれだけあるのか

について知見を深めることができました。

まとめとその後

訪問販売員さんを自宅に招いて、詳しくディズニーの英語システムについて教えてもらいました。
今回のところは、購入しないという結論に至りました。
しかし、少しでも早期の英語教育に興味があるのであれば、ぜひ一度話を聞いてみてはと思います。

その後

我が家では、無料体験でいただいたDVDを暇があれば流しています。
中毒性のある音楽と歌詞です。
気づけば私も妻も歌を口ずさんでいます。

パパとママがDVDのダンスを踊ると、笑ってくれます。
画面上の出来事が目の前で起こると、どうやらおもしろいみたい。

やっぱり、ディズニーの英語システムって有能なのでしょうか??
使ってみないとわからない、という結論に至って今日のところはおしまい。
「ディズニーの英語システム」無料サンプルプレゼントはこちら