新米パパが6ヶ月間0歳児の赤ちゃんに絵本の読み聞かせをやってみた感想

どうも、おーびーえーです。今月で娘も7ヶ月になりました。

我が家では生後一ヶ月の頃から、絵本の読み聞かせを始めました。

我が娘のお気に入りの絵本がこちら

言葉の意味がわからないどころか、目も見えていない時期から読み聞かせをして、はたして効果はあったのか??
経過報告がてら、読み聞かせを続けて感じたことや変化などをお伝えします。

結論だけ先に伝えておくと、絵本のおかげで親子の絆は深まるわ、子育てに役立たずのパパが役割をゲットできるわ、良いことづくしでした笑

 

なぜ絵本の読み聞かせを早期に始めたのか?

生後一か月から、我が家では積極的に絵本の読み聞かせを始めました。

理由は大きく以下の2つ。

  • 子どもの成長に良い
  • パパママと赤ちゃんのコミュニケーション手段が増える

赤ちゃんの知育に良い

絵本の読み聞かせが、子供の成長に絶大な効果があることはよく知られていますよね。

絵本を使った育児に関しては、メリットたくさん、デメリット0ということで、
とくに何も悩むことなく、絵本の読み聞かせを始めました。

パパにとって絵本の読み聞かせは、接点を増やすチャンス

赤ちゃんと仲良くなりたいパパにとって、絵本の読み聞かせは絶好の機会です。

 

生まれて間もない頃、娘は私が抱っこしても全然泣き止んでくれませんでした。
一方で、ママが抱っこをするとすぐに落ち着きます。この差はなんなんだと、時には落ち込んだものです笑

 

パパは、ママに遅れて赤ちゃんと信頼関係を築き始めるんだなと気づいたのは、娘が生まれてからのことです。
まあしかし、10ヶ月間お腹の中でママと赤ちゃんは繋がっていたので、パパにはない信頼関係が二人にあっても仕方ありません。

 

ママ以上にコミュニケーションの機会を設けなければ、そう簡単に赤ちゃんと仲良くなることはできないと悟りました。

赤ちゃんとの接点を増やすために、絵本の読み聞かせを始めよう。これが大きなきっかけです。

6ヶ月絵本の読み聞かせをして感じたこと

赤ちゃんは絵本が大好きになった

まず大きな効果として、娘は絵本が好きになりましたね。
うるさく声を上げている時でも、絵本を読み始めると静かに聞いてくれます。

 

本人には絵本の好みがあり、一冊一冊反応も違います。
どうやら内容も理解しているみたいで、絵本の途中で用意されているオチで笑うこともあります。

月齢が低いので発育に効果があるのかは不確かです。
まだ、言葉もしゃべれないので、調べようがありませ笑
しかし、絵本を読めば落ち着いて聞いてくれるので、効果ありと言えるのかもしれません。

パパと赤ちゃんの接点が増えた

絵本の読み聞かせを始めて、赤ちゃんとパパの仲が良くなったことは間違いありません。

 

以前は泣く姿を見かねてパパが抱っこするもイヤイヤ⇒嫁に赤ちゃんをパスの状況でした。
しかし、今ではパパが抱っこをすると泣き止んでくれます。
胸の上で自分の子供が落ち着いてくれると、すごーく幸せな気持ちになりますよ。

 

6ヶ月間赤ちゃんに読み聞かせをして、以前にもましてパパに懐くようになったわけですが、

懐いてくれるようになった理由は、

絵本の読み聞かせ⇒赤ちゃんと愛着形成

ではなく、

毎日絵本の読み聞かせ⇒接点が増えた⇒赤ちゃんと愛着形成という流れだと思います。

月齢が低い赤ちゃんはどうしても、ママといる時間が長くなります。
しかし赤ちゃんと仲良くなりたいと思っていても、何をしていいのかわからないパパってたくさんいますよね。

まずは赤ちゃんと接する時間を増やすことをオススメします。
なかなか育児に協力してくれない旦那さんがいれば、絵本を渡してみてはいかがでしょうか?

知育にも効果がある絵本の読み聞かせは、パパと赤ちゃんの両者にメリットがある最良の手段だと感じます。

【さいごに】絵本を買う前に、まずは中身を確認しよう

絵本って結構な値段するんですね。。
かなりびっくりしました。

普段私が買う新書(だいたい700円)より値段が高いなんて、、、笑

ということで、何冊も一気に買えるものではないので、
絵本の中身や赤ちゃんの反応を確認しましょう!

私は、絵本ナビと図書館の利用をオススメします。

絵本が前ページ試し読みできる絵本ナビ

絵本ナビでは、絵本の試し読みができます。

スマホやタブレット上ではありますが、一度赤ちゃんに読み聞かせをしてみてはいかがでしょうか??

 

絵本ナビのすごいところは、一冊まるごと試し読みができること
全ページ試し読みコーナーには、なんと1978冊も絵本が用意されています。

月齢やテーマに合わせて絵本を探せるので、便利ですよ。一度覗いてみてください。

王道はやっぱり図書館

地域の公共図書館は積極的に利用していきましょう

我が家では絵本を図書館で借りて、まず読み聞かせをしてみます。

違いがわかるのか、ただの気分なのか知りませんが、
ちゃんと一冊一冊反応が違うんですよね。笑

赤ちゃんの反応が良かったものを、その後に書店で購入しましょう。

 

絵本の読み聞かせは、百害あって一利なしの教育だと私は思っています。
ぜひ、赤ちゃんをお持ちのパパママは一冊読み聞かせてみてください。

我が娘のお気に入りの絵本がこちら

この記事を楽しんだ方は、筆者をフォローしませんか?
「収入源の分散、キャリアの複線化」を目指すDual Careerブロガーエルモのtwitterはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA