0歳児にオススメの絵本11選!6ヶ月の赤ちゃんでも大爆笑した絵本を厳選!

どうも、月齢9ヶ月の娘を持つ新米パパのエルモです。

本日は、月齢数ヶ月の時でも笑ってくれた、絵本を厳選して紹介させていただきます。図書館から借りた本を数えると50冊近く絵本を読み聞かせしてきた中から、とくに娘が喜んでくれた絵本、関心をいだいてくれた絵本を紹介します。

まずは反応が良い絵本の傾向について少しお話をしたあとに、オススメの絵本を実際に紹介していきます。
早くオススメ絵本について知りたいという方は、目次から飛ばれてください。

あわせて読みたい

赤ちゃんが好きな絵本には傾向がある

0歳児の赤ちゃんが好む絵本にはどうやら傾向があることがわかりました。

我が家の赤ちゃんが好きな絵本は3つのどれかです。

  • 絵や色が鮮やか
  • 人の顔が載っている
  • 内容がパターン化している

この3つの特徴の中でも、セリフが繰り返される絵本を好む理由をご存知ですか?

赤ちゃんは繰り返されるストーリーで安心する

小さい赤ちゃん向けの絵本って、内容が簡単なことに加えて、同じセリフや音が繰り返されますよね???

この理由は、赤ちゃんは次のページを予測できると安心するからだそうです。

小さい赤ちゃんは、なにが来るかわからない未知な体験よりも予想通りの内容が続くことを好む傾向があるようです。パパママとしてはつまらないと思うかもしれませんが、赤ちゃんの反応を楽しみに同じセリフが続く絵本の読み聞かせをしてみましょう。

厚紙の絵本がオススメ

絵本の読み聞かせを始めて気づいたことが、厚紙の絵本が良い!ということ。

理由は2つあります。
1.触っていても指を切らない
2.そう簡単に破れない

絵本を読んでいると、嬉しいことに赤ちゃんが自分でページをめくろうとするんですよね。
でも普通の紙だと先が尖っているので、指を切ってしまうんじゃないかと心配になります。

しかし、厚紙の絵本だと触っていて指をきる心配もありません。

あと、薄い紙を使った絵本だと、赤ちゃんが少し舐めるだけですぐにページがしなしなになってしまいます。成長して力も強くなってくると、ページを引き千切ってしまいそうです。

なので、

怪我もせず、ページも破れる心配がない厚紙の絵本がオススメです!

(実際、0~3歳児向けの絵本って厚紙でできている絵本が多いですよね。)

それでは、我が家の赤ちゃんに微笑んでくれた絵本を紹介していきます。個人差はあると思いますが、絵本選びの参考にしてみてください。

【しましまぐるぐる】一番最初に笑った絵本はこれ

まずは、大人気シリーズ「しましまぐるぐる」です。

月齢1ヶ月から読み聞かせを始めて、一番最初に反応があった絵本です。たしか2ヶ月過ぎくらいだったと思います。最初は微笑むというよりは、絵本を凝視する感じでした。

鮮やかな色と特徴的な模様が特徴的です。「しましま」や「ぐるぐる」の大胆な模様に、赤ちゃんの視線が釘付けになります。

お持ちでないなら一度、ページをめくっていただきたい一冊です。あ、厚紙で出来ているのもオススメポイントです!

【あかあかくろくろ】鮮やかな配色で子供の目が釘付け

次に「あかあかくろくろ」です。これもしましまぐるぐると同じシリーズの厚紙絵本です。

最近はしまぐるよりも、この「あかあかくろくろ」が娘には人気です。ダイナミックな色使いをしているので、生後間もないうちから反応していました。
娘は、リンゴのページで「うぅー!」と、今もよく声を上げています。

レビューを見ていると、好みのページは赤ちゃんによって違うみたいですね。(当たり前か(笑))
お子さんお気に入りのページや色が、きっと見つかるはずです。

【こどもずかん】0歳児でも興味を持ってくれる図鑑!

あまり有名ではないけどオススメしたいのが、こどもずかんシリーズです。

図鑑というと、幼稚園くらいにならないと流石に興味を持ってくれなさそうって思っていませんか?私もそう考えていました。

でも、こちらの「こどもずかんシリーズ」は0歳の赤ちゃんでも十分に楽しめます!

中身はこんな感じ↓↓

可愛い絵柄の動物や食べ物がたくさん載っています。しかも英語付きです!

「○○ちゃんはどの動物が好きなの〜?」と聞くと、「パンパン」と音を立てて動物を叩いて反応してくれます。双方向のコミュニケーションが取れる(気分になる)ので、親も楽しめますよ!

こんな感じで、バシバシ好きなものを選んでくれます。光の具合がイマイチですみません・・・汗

早いうちから図鑑に触れさせたいお子さんには、間違いなくオススメの一冊です!

【おいし~い】離乳食を始める前から、ご飯の美味しさを伝えよう!

おいし~いは離乳食を始める前から、是非読んでいただきたい一冊です。

生後6ヶ月から始まる離乳食ですが、なかなかご飯を食べてくれないという話を耳にします。この絵本を読めば、ご飯を食べる楽しさを離乳食が始まる前から伝えられます。

中身はこんな感じ↓↓

なにかを食べてみる⇒美味しい!!というシンプルなストーリーの繰り返しです。最後は、パパとママでホットケーキを食べるシーンも出てきます。

ご飯を美味しく食べてほしいという思いがあるなら、これは読み聞かせ必至ですよ〜!!
凄く助かります!!

【がたんごとん】これを読めば、電車好きになれる!

有名すぎる絵本「がたんごとんがたんごとん」シリーズです。

絵本の中身が、パターン化されているので、ウケが良ければめくるたびに笑ってくれます。
「がたんごとん、がたんごとん、のせてください〜」のセリフが繰り返され、食べ物やスプーンを電車に乗せていきます。

エンドレスなセリフが赤ちゃんに安心感を生むみたいです(笑)。

娘は「がたんごとん」という擬音語が好きになったので、絵本なしで電車ごっこできるようになりました。絵本起点でパパ・ママとのコミュニケーション手段が増えるのは、絵本の素晴らしいところですね。

この「がたんごとんがたんごとん」も文句無しでオススメです!

【じゃあじゃあびりびり】赤ちゃんが大好きな擬音語がたっぷり

次は、Amazonで絵本カテゴリ人気ランキングで一位の「じゃあじゃあびりびり」です。

擬音語中心の絵本です。車ならぶーぶーぶー、お水ができるときはじゃーじゃーじゃー、紙が破れるときはびりびり、と。
赤ちゃんは擬音語大好きです。赤ちゃんからすると、これなら自分にも言えるかもしれないって気持ちがあるのかもしれません。

普通の絵本に比べて一回り小さいので、外出時にも便利です。お出かけ用に持たれてみてはいかがでしょうか?

 繰り返されるオチで、しっかり笑ってくれた絵本

次が「くっついた」です。

こちらの本もストーリーがパターン化されています。我が家では月齢3,4ヶ月の頃は無反応でしたが、半年を過ぎると反応が出てきました。

登場人物(動物や人)が離れてはくっつくというシンプルなストーリーの繰り返しです。くっつくシーンで毎回笑ってくれるので、赤ちゃんも実は内容を理解しているのか?!と思わされる一冊です。

ママが登場人物で出てくることは多いんですけど、なかなかパパが出てくる絵本ってないんですよね。「くっついた」は最後にパパも登場するので、イクメンにはとくにオススメします笑

0歳には難しいストーリーなんだけど、笑ってくれた!

おつきさまこんばんは」も赤ちゃんに定番の絵本です。

今回紹介している絵本の多くが、同じリズムが繰り返されるストーリーですが、この絵本はちゃんと物語になっています。なので、内容を理解するのは難しい??とは思います。

でも、お月さまがニッコリ笑うシーンでは、赤ちゃんも微笑ましい表情をしてくれます。

月齢が3カ月にもなると、赤ちゃんは人の顔を認識できるようになります。赤ちゃんって人の顔が好きなんだなぁと改めて感じれた一冊です。

【ド定番】いないいないばあ、はやっぱり楽しいみたい

次は、木村祐一さんの、いないいばいばああそびです。
いないいないばあ」のタイミングで本をめくると、顔が出てくる仕組みになっています。
子犬や他の動物さんがいないいないばあをしてくれます。
締めくくりは仕掛け付きでお母さんが登場します。
パパバージョンのいないいないばあが発売されたら即買います。(笑)

バァ〜!と声掛けをすると笑ってくれた瞬間は至福ですよ。
意味がわかっているのかは不明ですが、半年を過ぎると赤ちゃんが自分でページをめくってくれるようになりました。

これくらい子どもが反応してくれるようになるとおもしろいですね~(笑)

とくに、月齢が小さいお子さんをお持ちのパパに絵本の読み聞かせはオススメです!お母様のサポートはもちろんですが、こどもとの接点を増やす良い機会ですよ。

月齢が早く日本語が理解できない時期からでも、ぜひ絵本の読み聞かせを始めてみてはいかがでしょうか??たとえ内容を理解していなくても、赤ちゃんが笑う機会が増えるだけで、家庭は暖かくなりますよ。

あわせて読みたい記事

育児で夫にイライラした時に、3分で終わるおすすめストレス解消法を紹介する

ディズニーの英語システム(DWE)自宅訪問セールスを受けてみた

お母さんに代わって新米パパが半日ワンオペ育児をして気付いたこと